スポンサードリンク

2007年02月08日

優良病院の見分け方

まず始めに良い病医院の見分け方から紹介しますね

良い病院とは
シンプルに考えることが大切です。医療とは「具合の悪くなった身体をより良い状態にすること」「主体はあくまで患者であること」「人を幸せにするもの」であり、それらを常に見失わない病医院が、良い病医院じゃないですか?

良い病医院を見分ける際の留意点を挙げてみました。参考になさって下さい。

問診は大切なコミュニケーション


患者と医者の最初のコミュニケーションは問診です。医者だって普通の人間ですから、外から見ただけでその患者の病状を正確に知ることはできません。問診という自己申告によって病気を推測し、問題点を調査(患者の身体とのコミュニケーション)し、診断を下し、治療を施すわけですから、最初のコミュニケーションである問診をおろそかにすると、見つけられるはずだった病気も見つけられず、安易な診断をされかねません。そして本当の病気は水面下で潜行し、取り返しのつかないことになってしまう…。

 医者の側に問診に対する真摯な姿勢が見られない病医院は、患者の本当の病気を知ろうとしないという第一関門ですでに失格であり、良い病医院とはいえません

患者の病状についての説明義務

医者に診察してもらうと、何やらカルテにちんぷんかんな文字を書いていますが、だいたい「風邪だから、薬を出しておきます」という程度で、その内容を丁寧に説明されることはまず少ないのではないでしょうか。どこがどういう状態で、どういうことに気を付けたらいいのか、今回はこういう治療をしてこういう薬を出すが、これはどういう役割の薬で、こういう作用があるとか、医者にはそういうところまで説明する義務があるのです。 

 診察の説明義務を果たさない病医院で治療していると、患者は自分の身体の状態を把握できず、不安な闘病生活を送ることになります。患者が診察の説明の権利を主張したときに、ぞんざいな受け答えをするような医院は良い医院とは言えません。

他の病院を紹介してくれる医院


最近は開業医が増え、患者獲得合戦も熾烈になってきました。そういった状況の中で、医者が患者が他病院に流れることを嫌い、本当なら自院では手に負えない病状の患者でも、こうすればきっとよくなるだろうという憶測診療を続けて病状を悪化させてしまうというケースも増えているようです。

 医者にはそれぞれ専門あるいは得意科目不得意科目があり、その患者をよりよい状態に持っていくための診療に自信が無い場合、その病状に対してよりよい診療のできる他病院を紹介するということは、良い医院では当然のことのように行ってくれることです。いつまでも病状がよくならないまま、だらだらと診療を続ける医院は、良い医院とは言えません

*意見等はコメントに残してください
応援にポチッランキング


posted by ともきちママ at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 優良病院の選び方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33197623

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。