スポンサードリンク

2007年02月08日

小児科とは

小児(0歳から15歳まで)の内科的疾患全般を診療します以下に主な疾患名をあげます。
かぜ、インフルエンザ、麻疹、はしか、水痘、おたふくかぜ、風疹、急性胃腸炎、急性肝炎、熱性痙攣、肺炎、気管支炎、先天性喘鳴、気管支異物、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、免疫不全症、膠原病、てんかん、ネフローゼ症候群、慢性腎炎、Dent病、尿細管障害、先天性心疾患、川崎病、不整脈、心筋疾患、超低出生体重児、呼吸窮迫症候群、新生児仮死、下垂体性小人症、甲状腺疾患、糖尿病。

また大きな病院や専門病院では「小児外科」「小児内科」「小児心臓科」「小児整形外科」「小児腎・泌尿器科」「小児循環器科」「小児皮膚科」……と診療科目を細分化しているところもあります。
応援にポチッランキング
posted by ともきちママ at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 小児科(関東)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33198811

この記事へのトラックバック

先天性心疾患
Excerpt: 【総論】 先天性心疾患(札幌厚生病院) 先天性心疾患の分類や症状、診断や合併症などについて概説されています。 心臓の発生と先天性心奇形(キャッシュ) 心臓の発生などから、分かりやすく病態に..
Weblog: 医学生のレポートやっつけサイト
Tracked: 2007-02-09 00:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。